紺屋(こうや)の日々

こんにちは!

今日19日は小室浅間神社の流鏑馬祭です!

 

小室浅間神社ホームページからの引用てす↓

九月十九日に斎行されるこのお祭りは、「うまっとばかし」(甲州弁で馬を走らす)と呼ばれている。武士が行う流鏑馬と違い、馬の足跡での占いをすることが目的の神事の為、矢を射る事は重要視されていない。

民俗的に貴重なお祭りで、一月十四日「筒粥祭」明けの十五日「馬出しの神籤」を始めに様々なことを決める為に、その都度引かれ神意を伺う「神籤(みくじ)」。本祭後、各町で行われる「お日待ち」までの数多の祭儀、奉仕者が身を清める七日間の「潔斎(切火)」、古代の馬形埴輪まで遡ると云われる「オテンゴー」等古式を残した馬の装飾、世襲の「占人(うらびと)」が「朝馬・夕馬」の駆ける足跡で吉凶を占う「馬蹄占(ばていうらない)」、秋の収穫を見届けた山の神(山王様)を富士山へ送る「山王馬」等、非常に多くの特徴をもっている。

 

占人は弊社の得意先のフジファブリックさんの社長さんが努めています!